スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウル補修

この1週間、何をしていたかというと・・・、

まあ、仕事なんですけど。

仕事が終わったあとは、ヒマを見てカウルの補修などをしておりました。

前回のバイク屋さんでの修理は、私が寿司パワーで急かしたせいで失敗に終わり(ゴメン、てんちょ)、しかも一部パーツ欠落という最悪の結果となってしまったのだった。ガビーン。

そこで一念発起し、
「じゃあ自分でやってみるべさ!」
店長オススメの接着剤と、もしものためにパテを買っておいたのだった。

ちなみに店長オススメの接着剤はコレ↓
神接着剤
ぜんぜんバイク用ではありません。
長所:一度くっつくと、カチカチに固まる。丈夫。
短所:乾くのに時間がかかる。乾くまでは緩いので接着物が動いてしまったり、液だれしたりする
という感じ。

今回は一度乾かした後、もう一度上からコーティングするというガンダリウム合金にマグネットコーティングという裏技を駆使。これで反応速度が上がるから、ニュータイプのアムロが乗っても大丈夫。

パーツは右のシートカウル。
2箇所です。

●ひとつめ
折れダボ
完全にダボ部がポッキリと折れてしまった&半分欠けてしまったのを接着。
カチカチです。
これでダメならパテを盛って、スキマを埋めるしかないですね。
ココロノスキマオウメシマスヨ、ドーン!

液だれがきちゃないのはご愛嬌ってことで。


●ふたつめ
カウルに穴
カウル正面から見るとわかるんですが、割れてめり込むこと約3/4周。
このままだと確実に丸く脱落する。
割れないように気を練りつつ気孔の要領(ウソ)で、えいやっと正しい位置に戻しました。

ここも裏から補強接着コーティングしてみました。
裏から埋めて
カウル表面はステッカーでごまかすか。


明日は所用があってできないので、あさって車体に取り付けてみます。
今のところ強度的には大丈夫っぽいです。
スポンサーサイト

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

コメント

苦労の成果

苦労の成果が見られますね。
この手のものが折れると,ホントショックですよね。
でも,何とかうまく補修できそうですね。
最後の仕上げは,ステッカーで・・・
さすがでございます(^^)

ステッカーで!

ステッカーで隠しちゃえばOK、OK!

自分もひどい擦り傷はカッティングシートでごまかしてます!

>Koaraさん

いや~、メンドイ作業は苦手なんです。
根っからの横着者なので。
なので、今回も液はダレダレ、意味ないとこにも薬塗り塗り。
まあ、結果よければすべて良し。
今さら、キレイに乗ろうとは思っていませんので。
乗って楽しいバイクがいいです。

>とくおさん

そうそう、臭いものにはフタをしろってねw。
そもそもカウルが高すぎるのがイカンですよ。

ということで、今オモシロカッコイイステッカーを物色中です。

こういう時にステッカーの出番です!

日本だとバイクやにいつでもステッカーありますよね。
アメリカのバイク屋にはステッカーがなくてこれまでカタログみて注文です。
モトクロス関係のは店頭にあるんですけどねえ。

強度ありそうですね。

>ベルボトムさん

バイク屋に行くと、ステッカー類は結構ありますが、みんなかっこよすぎて付けにくいです。
もっと頭の悪そうなステッカーが欲しいんですけどねw
ステッカーごときを取り寄せるのは面倒くさいですね。
アメリカって大変だ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。