スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波リベンジツーリング

天高く馬肥ゆる秋。
久々の何も予定のない休日。
「明日は走るぞー」
と意気揚揚と前の晩に床についたのだった。


子どもたちのヤイヤイ言う声で目がさめたのは朝7時。
おお、いい時間じゃね。
窓から見える空も久々の青空。快晴。
こりゃー、最高のツーリング日よりだー。

と、思ったものの、何か違和感が・・・。
なんか節々が痛いような。
そういえば、昨日会社で会議があって、タバコの煙の集中砲火をあびたんだっけ。
あれ、体調崩すんだよなー。
などとグズグズ行っているうちにどんどん時間は過ぎていき、ようやく準備が整ったのだ9時半。
走ってりゃ治るだろ、とタカをくくったのであります。
(これが大失敗だったのであります)


ルートは前回の失敗を踏まえ、まったく間違えることなくR4→R125で筑波山まで一直線。
暑からず、寒からず。
空気さわやか。
道路も渋滞はナシ。
絶好のツーリング日より。
なのに、この身体の痛みは何?
だんだん強くなってくるんですけどー。
あと、なんか背筋が冷たいんですけどー。


筑波山を目前にして、道路が混み始めた。
そういえば今日は茨城県民の日なんだっけ。
観光客が多いわけね。

途中のコンビニでマーキング&飲むヨーグルト補給。ナイステイスト、OHAYO!
この時点で、「ちょっとやばいかも」と、弱気になったものの、
ここまで来て、帰れるかーい!
というなんだかわからない意地で走り始めてしまったのです。


筑波山を車の後ろについて登る。
おっせー。
全然面白くない。
風返峠から上も車が前にいたから超チンタラペース。
ただ、ここはゆっくり景色が見れたから良かったかな。

で、着きました。いつもの駐車場。
で、いつもの場所から
いつもの風景紅葉付き
少しだけ紅葉が始まっている。

よお!ゆっくりしてけゲロ
がまさん
ガマ仙人のお出迎え付き。
「あ、どうもナルトのジライヤ様は残念でしたね。あ、カクレンジャーのジライヤのケイン・コスギも別な意味で残念でした。(セリフの日本語が一番残念)」


ここもゆっくり見たことがなかったので、とりあえず歩いてみました。節々痛いけど。
ロープウェイ以外はお土産屋しかない。
とりあえず、なんか食っとくかということで買ってみた。
茨城名産「ローズポークまん」
ローズポークまん?
具が多いというほかはいたって普通の肉まん。あ、値段が250円くらいするところは普通じゃないな。
まさに観光地価格。
ってゆーか、そんなことより、こんなのすら食べるのに四苦八苦してるオレって何?
私の身体、いったいどーなっちゃってるの?

この上200円の駐車料金を払うのがモーレツに惜しくなったので、早々に撤退。
風返峠の交差点のうち、つくばね方面と、スカイライン方面は二輪通行禁止というのは予習済み。
この道が使えれば、筑波山の北側に行くのがラクなのになぁ。
しょうがなくきた道を戻る。
だって残る一本はアレだよ。
前にNyaaaさんと顔面蒼白になりながら登った、超狭路、超くねくねのアノ道。
あの時はゲロ吐くかと思いましたわ。
あの道を下るなんてシンジラレナーイ。

そして山を降りて、最後の信号待ち。
行こか戻ろか真剣に悩む。
身体はすでに限界近し。
心が折れるのも時間の問題。
なぜ、こんな状態で走らなければならないのか?

「んー、伊達と酔狂ですかね」

(アッテンボロー談)

それー!
その心意気ー!
どうでもよくない大事なことをどうでもいい理屈でやっちゃうことが変人の基本ー!
青信号と同時に威風堂々と右折。
筑波山北側を目指す。

ええ、途中で何度も心が折れそうになりましたが。それが何か?

道沿いに走っていくと、「北筑波ユートピア」の看板が見えてきた。
目指す地は、ここのすぐ近く(地図上)。
看板の指すとおり右折して、細い山道に入っていく。

細い山道は、だんだんと心細い山道に名を変えていく。
夜だったらじぇったいに一人では走りたくない道だ。
紅葉はすこーしキレイだったけど。
色づく山道

そこからさらに右に入ると目的地なわけだが、この看板がまたちっせーの。
余裕で曲がり損ね、Uターンもできず、しばらく無駄走りしてからUターン。
やっと目的地に到着。
目的地はユートピアのお隣さんだった。近いなんてもんじゃないね。


入り口。目的地とは西光院でしたー。来たかったんだー、ココ。
西光院入り口
ふむふむと一通り読んで、いざ突入。

ここは東の清水寺と呼ばれる風光明媚な場所。
この舞台みたいになっている下は完全なガケなのだ。
関東の清水寺

靴を脱いで、お邪魔します。
ご本尊は馬頭観音さま。
曇りガラス越しに、すこーしお姿が拝めました。

そして、ガケの上からの絶景。
筑波北面絶景かな
すっげー。
これは筑波山から北を見てることになるのかな。
こんな山の奥まで来たかいがあったよー。

しばしぼんやりしてから、靴を履いて帰途につきました。
完全に心は折れております。
弱った心が途中のお堂で500円の家内安全の札などを買わせます。
これでなんとかパパの風邪をお治めください。パンパン!

しかし、そんなに早くご利益があるはずもなく、帰り道はもう最悪。
体中痛いわ、熱っぽくてダルイわ、意識がボーっとするわ。
こんなときにバイクに乗ってはイカンですね。
ね、Nyaaaさん。

なんとか地元に帰り、ガソリンを入れ、最後に家族にお土産購入。
お土産は雪見大福
「特別なものはいらないけど、雪見だいふくの黒蜜きなこ味買ってきて」
という命令を着実に実行。
しかし、そのときコンビニで鏡に映った自分は死人のような顔をしていたという・・・。


皆さんも、体調が悪いときはバイクはやめておきましょう!

走行距離180キロ。
こんなに長い180キロは初めてだ。







ちなみに帰宅してから翌朝まで寝込みましたとさ。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

コメント

ケロケロ好きです!
めちゃかわいい!

あっ、カホさん、カエルきらいなんでしょう?
嫌わないで!こんなにかわいいのに。。。

雪見大福!きなこ黒蜜!食べたい・
いいなあ!
うまいもん一杯の日本!

もぅ風邪から回復しますたか?
なんだかんだと集中力で何とか大丈夫なのが
さすがライダーだと感心しちゃわない??
でも停車時とかすげーコケないか心配になったり。。
でもいい空の色だ!!

それにしても顔面蒼白になるあの峠、思い出すわぁ~。
さらに下がガタガタだったっしょ
もぅ行くしかない!って覚悟きめた記憶(笑)

これから忙しくなる時期でしょ?おおだいじにぃーっ!!

>ベルボトムさん

生のカエルは苦手ですが、こういう作り物なら全然平気。

雪見だいふくは、信玄餅を超える美味さだと思いました。個人的には。
アメリカって、そんなにうまいもんないのでしょうか?
たしかに「大味」な感じはするけどね。

>Nyaaaさん

おかげさまで、なんとか復活いたしました。
バイクは体調のいいときに乗ろうと心に決めました。

あの道。
なつかしいような。
でも2度と走りたくない。
しかも下りはありえない。
もっといい道作ってほしいですよね。

天気は最高でしたね

でも,体調がすぐれなかったようで大丈夫ですか?
具合の方は如何ですか?
でも,あの日は最高に天気良かったですよね。
仕事をしていて,もう悔しいのなんのって・・・
つつじヶ丘までは二輪OKなんですね。
全く分かっていませんでした(._.)
いつも筑波山神社でUターンしてしまうので・・・

>Koaraさん

身体はなんとか復調しました。
久々の青空とポカポカ陽気だっただけに体調不良が悔やまれます。
筑波山はいつもつつじヶ丘駐車場までは行ってます。
なんて自信満々にいっておいて、実は二輪禁止だったらどうしよう・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。