スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるくる秩父

ども。
健康診断の結果、白血球が少ないとのことで再検査をオーダーされて凹み気味のカホです。
毎年毎年何かで引っかかるんだから、もう・・・。

さて、今日は久々に一日丸まる使える休日なのであります。
と、いうことで行ってまいりました。
今日は秩父をグルグル回ったので、結構長いレポになりそうでっす。

あ、あと、最初に言っておくと、グルメ的な要素はほとんどありません。
走りまくってたらご飯食べる時間なくなっちゃって・・・。えへ。

出発は6:30。
いつもよりチョイ遅め。
道路はいつもより混んでいるように感じたR16。
世間は夏休みですが、働くお父さんたちは当然仕事だもんね。

で、いつものルート。
K15~R299
いや~299はいいね~。
道もいいけど、周りの雰囲気もイイ。
また、時間帯も良かったのかな。
空気がイイ匂いだった。
清少納言は早朝は冬がいいといったけど、オレ的には早朝といえば断然夏だね。
夏の朝の空気感って好きだな~。

299からいつものように顔振峠へ。
変わらぬ峠道。
天気は曇ったり晴れたり微妙だったけど一応目的地その1「関八州見晴らし台」を目指してみよう。
まずは到着した不動茶屋。(ここって営業してる時あるの?)

いつもの不動茶屋
R:「おいおい、ここから15分登るって書いてあるけど大丈夫なのかよ?」
俺:「いやいや、楽勝ですよ。ははは。」
R:「でも自分、足腰メッチャ弱ってるやん。俺取りまわす時、いつも足ぷるぷるいってんの知ってんだぜ。」
俺:「うっせー、うっせー。大丈夫ったらだいじょぶなんだよ!じゃあ行ってくるからなコンニャロー。」

と、大見栄切って登り始めたものの道はヒジョーにつらい。
キツイっす
こんな感じ。

この時点で3分経過。息上がってます。
太ももも乳酸出まくり。
がんばってしばらく進むと・・・

遭難するって
獣道かよ!

底がツルツルの自分の年代物のブーツではムリ(ホントは体力的にムリ)と判断。
このままだと間違いなく遭難する。
諦めて降りました。
その後、Rの横でぜえぜえと息を整えたのであります。

その場を離れしばし進むと、ある看板が見えてきた。
関八州見晴らし台
うぉーい、ここから行けんじゃねーか!
しかも、ちゃんと駐車スペースもあるよ。

入り口からおよそ5分。
またしてもヒザはガクガク。
もうダメか、と思い始めたとき・・・
見えたー!
見えてキター!

なんとか見晴らし台にたどり着いたのでありました。
展望台より関東平野
せっかく来たのにガスってやがる・・・。
でも肉眼では結構見えましたよ、下界の関東平野。

で、前に来たときは気付かなかったんだけど、ここって実は高山不動の奥の院だったんですね。
ありがたき奥の院
ありがたいお堂です。
ご本尊は石版に彫られた不動明王でした。
例によって写真は撮りません。こういう場で不敬はイカン!
置いてあった説明によると、藤原鎌足期に建立されたものの、数々の災害によって高山不動尊は現在の場所に移されたらしい。
ってことはココが本場?

家内安全をしっかりとお祈りしてきました。


次なる目的地はいつも通り定峰峠。
GSXRin定峰峠
アノ茶屋でちょっと休憩。

ゲータレードを飲み干したところで秩父方面に下りました。
右手は痺れるし、なんか乗れてないのでちょっとゆっくり目なペースで。
途中で写真なんかも撮りつつ・・・
定峰から渓流
すぐ下をキレイな川が流れてるんですよねー。あー飛び込みたいなー。

定峰脱出後はR140に出て、道の駅ちちぶへ。
朝何も食べずに出てきたので、朝ご飯を食べに来たっちゅーわけです。
食堂は空いてなかったけど、立ち食いソバ屋は開いていた。
ウマいという評判は聞いていたけど、実際に食べてビビった。

まいうー!
もう立ち食いのレベルじゃねーですよ。
麺は手打ちっぽいし。
是非、お近くまで来た際はお試しアレ。

さあ、お腹も膨れたところで本日のメインイベント。
小鹿野方面の探検にしゅっぱーっつ!
299を直進。
小鹿野町は大変きれいな風景と、きれいに舗装された道路が印象に残っています。
299は最初こそ広くてきれいだが、三原という地名になったあたりから、いよいよ一般的な3ケタ国道の様相を呈していました。

じきに志賀坂峠に到着。
この峠はブラインドが少なく、景色もキレイ(森の中を抜けていく気分)。
走ってみると結構エキサイテキングな道路です。
定峰はココと比べちゃうとブラインド多過ぎかなぁ~。
是非また走りたいと思わせる道です。
いや、ホントによかったよ。

志賀坂峠を降りきると、T字の交差点に。
左のR299ルートを進むとしばらく行ったところに、あるものを発見。

恐竜センター
上野村恐竜センター!

時間にかなり余裕があった(と思った)ので、600円の入場料を払って、ビバ潜入。
アタマ化石
「あ、どーもー。いらっしゃーい。カクカク」

ここの目玉は恐竜シアター。
物語風に恐竜を出演させて解説を加えていくというオーソドックスなものだが、ここのは造りがちと違う。
普通なら3DなどのCGで作るが、ココのはなんと人形劇。
人形っつっても結構リアルな模型だったりします。
恐竜シアター

解説してるジジイも何気にリアルな作り物
造りモンだよ
こえーよ。

ご覧のようにふんだんに無駄金をかけた豪奢な館内。
採算度外視の姿勢が男らしくてステキ。
ある意味、茨城の自然科学ミュージアムより楽しいかも。
今度家族で来てみよーっと。

別館のタルボサウルス君
タルボサウルス

格闘中の化石
格闘化石
2頭の恐竜が格闘したまま死んで、しかもそのまま化石になってしまったというひじょーに珍しい逸品らすぃ。

ココでいいです
お待ちかねのR氏。
奥にあるステゴサウルスの遊具の前で写真を撮ろうとしたが断られた。
どうやらステゴが怖いらしい。

因みに、この奥から下に降りれる階段があったりする。
階段を降りると
渓流
またまた渓流。
足くらいなら突っ込めるよ。
水が冷たくてサイコーでした。
これまた子供は喜びそう。


で、ホントはここで引き返す予定だったんだけど、センターの駐車場にあった看板に目が止まる。
なになに・・・。
鍾乳洞?関東最大?
センターの受け付けの方に聞いてみるとここから15分くらいらしい。
キラーン!
これはもう行くっかねえべさ。

と予定変更。
299を更に奥へ進行。不二洞を目指します。
299から左に入ると、筑波山の悪夢を思い出す強烈なつづら折の上り坂があり、2キロ近く走ると目的地に到着します。

売店のオバチャンに600円払っていざ入洞しまっせ!
と、思ったものの、ここからまた階段や山道を登らなければならないらしい。
朝からの度重なる登山&階段で、運動不足の33歳のオッサンの肉体は悲鳴を上げているというのに・・・。

洞窟へ向かう道でヤマカガシに遭遇したり、異常な速さで動くケムシを見たりでオシッコちびりそうになったけど、本当の恐怖はここからだった・・・。

入り口に到着
不二洞

重い扉を開き中を見ると
スミマセン怖いです
真っ暗な登り通路。
メチャメチャ怖い。
そのまま扉を閉めて帰ろうかと思ったが、せっかく払った600円が惜しいので勇気を振り絞って奥へ。

奥まで行くと今度は螺旋階段で上へ行けという・・・。
もう、どうにでもして、という心境でハアハア言いながら順路通りに歩いてきました。

内部は基本的に暗くてこんな感じ。
不二洞内部

五百羅漢
鍾乳石が五百羅漢
鍾乳石が自然に作り出したモノらしい。
ちょっと感動。

しかし、メッチャ暗いし、耳元でコウモリがキィキィ鳴いたりしてくれて、基本的に怖い。
よく、こんなところを探検したもんだ。
特にこの穴
胎道くぐり
天井近くに空いている小さな穴なのだが、「胎道くぐり」と称してもぐりこんだ人がいるらしい。
おいおい、出て来れなくなったらどーすんだい?

とりあえずココにはもう少し子供が大きくならないと連れてこられないな。
などと思いつつ、なんとか洞窟を脱出。
しばらく歩くと出発地点の売店に戻ってこれた。

売店の前にはこれまた珍しい吊り橋が。
吊り橋
写真ではわからないが、恐ろしく高いところに設置されている。

吊り橋より
吊り橋から見た風景。

洞窟にしろ吊り橋にしろ、なぜこんな恐怖アトラクションをまとめてしまったのか?
てゆーか、この場所自体がオカルト。山のどまんなかですぜ。

体力も限界を迎えたところでようやく下山。
来た道を戻り始める。


ここでけったくそ悪い事件に遭遇。
志賀坂峠で前を走る枯葉マークをつけたセダンの窓からペットボトルがポイっと射出された。
「ジジイ、てめえイイ歳ぶっこいて何さらしてんの!?」
オレ、こういう人間、大ッキライ。
どんな罰をくらわしてやろうかと考えたけど、そういうことをするのも好きじゃないので、アクセルを2~3回煽ってからブチ抜いてきました。
いつかバチがあたるよね、あんなジーサン。

その後、マスツーの集団につられて間違えて秩父市街に戻っちゃったりしたけど、ミューズパークから小鹿野、両神へ。

ミューズパークの噴水涼しそうだったなー。
ミューズパークにて。噴水
子供に混じって飛び込みたい衝動を抑えつつ先へ。

両神からR140へ抜ける道で、コーナー手前で砂利を踏んで倒せなくなりコースアウトしたものの、奇跡的にコケずに無キズで切り抜けられました。
ぜったい朝のお不動さん参りのご利益だな。
ありがとうございました。

R140といえばループ橋。
ループ橋その1
ループ橋その2

おまけに滝沢ダムからも撮れるようになったのでパチリ。
滝沢ダムからループ橋

その後は秩父往還で三峰経由で戻りやした。
どうでもいいけど、この道も薄暗い時間帯に走るとなんか怖いよ。
どんよりしてる。

秩父市街地に戻ってきた時にはすでに5時過ぎ。
阿佐美冷蔵のカキ氷も、高麗の豆乳ソフトも終わっちゃってる。
締めにデザート食いたかったけど、コレで手を打ちましょう。
フルーツ牛乳とR
秩父乳業フルーツ牛乳inあしがくぼ

その後帰宅は7:30くらい
走行距離350キロ

久々のソロツーだったけどかなり気持ちいかった。
背中に羽がはえたイメージだったね。

さあ、次は6or7日のツーリングだ!
だれかいっしょに迷子になりに行く人います?
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

コメント

くるくるツー☆おつかれさまでした~ヽ(*´∀`*)ノ
秩父満喫してますねv v
私も秩父はよく行くけどいつもブーン!と
走りぬけて終わってしまうので
あ!こういうトコもあるんだ~と勉強になりました!笑
1度お供させていただきたいのですが…
お休みが合わないです~(泪)

やっぱいいよね!秩父!

あぁあたしの知らない秩父が。。
へー!道の駅ちちぶの立ち食いそば、んまい!のね!!
ええこと聞いたわぁ~。あんまりゆっくりご飯食べられないから
今度使ってみる♪
鍾乳洞も知らなかったなぁ~。
こんど愛人を連れて行ってみます!!

華の独身生活に一時リターンズ(笑)
そろそろ寂しくなってきたんじゃ?!

おともしたいけど、平日はなぁぁ。。
夜都内走りたいときはよろしくねん!

>こまめさん

今回は結構自分でも初となる場所が多かったですよ。
小鹿野探検なんていったわりに、小鹿野はストレートに駆け抜けてしまっただけですが・・・。
定峰好きなら、志賀坂もおもしろいはず。
ぜひ行ってみてくださいね。

子供の頃は「今日遊ぼーぜー」ですぐ遊びにいけましたが、大人になるとなかなか難しいですね、お互いにタイミング合わせるのが。

>Nyaaaさん

そう!道の駅ちちぶの立ち食いコーナー。
その辺の街のおそばやさんよりもウマイくらいですよ。

鍾乳洞は冗談抜きで一人だと怖くなります。
自分も次はかわいいギャルと一緒に行ってピッタリくっついてあるくんだw

なんだかだんだんと独身生活に体が慣れてきました。
朝、子供に起こされないのがサイコーです。

おつかれさまです!
体調の方はどうですか?
あまり無理しないでくださいね!
白血球はどうすればふえるんでしょうか?
ヤクルト??

見所たくさんですね!
解説の人!本物の人間みたいですね!

>ベルボトムさん

おっひさしぶりです~。
白血球が少ないとはいえ、体調はなんともないんですよ。
再検査もブッチする気マンマンです。
ベルボトムさんも相変わらず忙しいようで、体調には気を付けてくださいね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。