秩父札所巡り【第2部】

あーあ、毎日仕事ばっかでやんなっちゃうな。
会社の都合で有給とったのに、報告を忘れたらしっかり給料減らされてるよ、おいおい。
あれ?そーいえば資格試験来月じゃね?
この1年なんにも準備してないけど。

そんな修羅場の真っただ中。

そう。全部自分のせいなんだけどね。

のカホでございます。




「オレ、この仕事が終わったら日曜日にバイクで旅に出るんだ」
と職場で言ったら、みんなに悲しい目をされました。
いえ、なにも死亡フラグは立っていないので、皆さんそんな目をしないでください。

昨日12日の土曜日がうだるような暑さ。
いよいよ死亡フラグが立ち始めたのか、と疑いましたが日頃のおこないのせいか本日は曇天模様。
気温も低めでツーリング日和。
朝5:30に起きていそいそと活動を開始しました。

そういえば数年前はこうやって早起きしちゃあ走りに行ってたな、と朝から遠い目をする。
これが若さか・・・。

R16~R17~K15と通い慣れた道を進む。
エンジンは相変わらず快調(な感じ)。
ただ、問題は自分のウデ。
どんだけまともに走っていないのか。
こんな状態で楽しく走れるのか?

そんな迷いが出た時はアノ道を走るのです。

出番です。GL先生!

そう、奥武蔵グリーンライン。略してGL。
はっきり言ってただの舗装林道です。
おまけに部分的に(いや、大部分か)超悪路。

ヒビ割れ、陥没、浮き砂、苔むし、落石、流水、なんでもござれの大自然の脅威。

でも、自分はココでバイクの乗り方を学んだのです。多分。
迷ったら基本に戻れ。基本、それすなわちGLなり。

ということで、スタート地点はお馴染みの鎌北湖。
20140713001
相変わらず鬱蒼としてどんよりとしたある種不気味な人造湖。
やっぱり心霊スポットとしての噂もあるようで・・・。
でも、今日は大丈夫。
だって岸辺にたくさんのヘラ釣り名人さんたちが鎮座ましましていたから。
これだけ人がいれば安心だよ。

しかし、ヘラブナ釣りの人たちって、いたるところにいるけど実際に釣ったところを見たことがなかったんです。
でも、今日は自分のすぐ下の人が釣りあげていて、何気に感動しました。
そんなGLスタートライン。

駐車場でしばし休憩した後走りだしたんだけど、案の定。
やっぱり乗れてない。
変に力む割に曲がらないし、スピードも乗らない。
単純に鎌北湖付近からの登り道は幅もせまくて超絶悪路ってのもあるけど、それ以上に身体が動かない。
リズムが悪い。

そう実感してから徐々に勘を取り戻すべく真剣に走る。
アクセルのオンオフ、ブレーキ、倒し込み、だんだんとリズムが良くなってくる。
さすがはGL先生。

顔振峠あたりからはかなり楽しく走れましたよ。

それはそうと。
今日はやたらとランナーが多かった。
それも割と高齢気味?
歩こう会的なノリの走ろう会とかもあるのだろうか?

あと、日曜日の朝ということもあってか自転車も多かった。
皆「ヒメ!ヒメ!」と歌いながらペダルをこいでましたよ(ウソ)。
どうでもいいけど、自転車を「バイク」っていうとモーターサイクルと区別がつかなくなるので、ちょっと違う名前にしてほしいと思っている今日この頃です。

で、定峰峠で休憩。
20140713002
写り込んでいるのはヨソ様のバイク。

いや、マメに休憩をとらないと身体がもたないんです。特に首。
右手も痺れるしね。

一気に定峰を秩父側に下って、道の駅秩父へ。
朝ごはんが食べたかったので。
いつもの立ち食いそばを目指して進むが、まだ営業開始前だった。
時にして9:35。開店は10時からだった。

悔しいので、売店コーナーでおこわおにぎりを買う。
20140713003
実はしゃしく菜って食べたことなかったんですYO。
で、食べてみたところこれが結構美味しくて。
ちゃんとおこわだったし。ただのおにぎりかと思ったら。

しかも外で食べるおにぎりってうまいですよね。
ちょっとクセになりそうです。
そのままベンチで、今日この後の予定を調べていたら10時になったのであらためて蕎麦食べてきました。
本日1人目のお客は私です。イエーイ。

さあ、お腹も膨れたし本題に突入しますよ。

第2回秩父札所巡り開始いたします!

今回は12番から22,3番あたりまでを計画。
割と市街地の中のお寺が多いようです。

ではざっくりとご報告をば。

まずは12番「野坂寺」。
あの野さかの豚丼のお店の方ですね。
20140713005
門をくぐって。
20140713007
本堂。

このお寺はとにかく仏像が豊富。
1人の方が彫ってつくられたらしいです。

続いて13番慈眼寺
20140713008
市役所のすぐ裏手にあります。

メグスリの木なるものがあり、納経所ではメグスリの木のお茶なるものをいただきました。
これで私の極度の眼精疲労も解決するだろうか。

12.13番ととても立派なお寺が続いた。
にぎわっている感じだ。

続いて14番、と行きたいところだが、ルートを考えて先に15番へ。

15番少林寺
20140713009
秩父大火の教訓から燃えにくい洋風の建築になっているそうです。
秩父事件の殉職警官の方々のお墓もありました。

14番今宮坊
20140713010

徳川さんちの家康さんが馬から降りて見入ったと噂の欅。
20140713012
家康駒つなぎの欅、だそうです。

続いて16番 西光寺
20140713015

こちらではなんと四国まで行かなくても四国八十八ヶ所参りができてしまうのです。
20140713014
このコの字の回廊に四国八十八ヶ所の本尊が並んでいますのです。
量産型で同じ顔の方などもちらほらとおられます。

この14、16あたりが住宅街のど真ん中でとてもわかりにくかったですね。
迷いました。はっきし言って。

続いてお馴染みの17番 定林寺。
なんでお馴染みか?って。
決まってるじゃないですか、あの花ですよ、あの花。
20140713017
一度じっくり見てるし、雨も降ってきちゃったので、早々に引き揚げました。

17から18番へは一度線路を越えてR140に戻ります。

18番 神門寺
201407130181

ここにも仏像回廊があります。
20140713018
本堂の背面ですので、そこまで大きな空間ではありません。

19番 龍石寺
20140713019

1枚の岩盤の上に立っているそうです。
20140713020
そういや岩盤っぽく浮き出てるな。


20番 岩之上堂
20140713022
この階段を見ただけで、ちょっとお腹が痛くなります。

本堂。
20140713023
手前の緑はモミジですね。
秋はかなりキレイなのではないでしょうか?

ここからは同じ道路沿いなので一気にいきます。

21番 観音寺
20140713025

22番 童子堂
20140713026
ここは山門がユニークです。

山門
20140713028
えっ?どこがユニークかって?

20140713029
20140713030
中の仁王様の顔が。

愛嬌あるね。「童子堂」って名前に関係あるのかな?子供みたいな顔にも見える。


本来ならここで終わりの予定だったけど、ついでにもう1箇所。
時間も早いし、流れて的にもこの先だったので行くことにしました。

ミューズパークのクネクネを登って。

23番 音楽寺
20140713031
音楽っていうくらいなので、やっぱりミュージシャンの方がお参りにくるようです。

ヒット祈願
20140713034
Oh!ジャパニーズ演歌。
知らない人ばっかりだー、と思ってたら下の方に見知った3人がいた。

20140713035
さすがジモティー。

そして帰り道、自分の勘違いに気付く。
20140713036
納経所だと思ってたコッチが本堂だったぽい。
ナンテコッタ・・・。


以上で、本日の巡礼終了でございます。
次回は24番から。
次回で結びとなりそうです。

今回は前回と違って、巡礼団は見かけませんでしたが、夫婦や家族連れが多かった。
皆さん、御朱印帳をもってらっしゃるんですね。
自分は今回は散華を集めるにとどめています。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

帰り道。
もう一度道の駅秩父によってオヤツ購入。
20140713038
みそポテト。
やっぱ、うまいね。

さらに帰りがけ、いつもの豆腐屋さんでオヤツ第2弾。
20140713039
豆乳ソフトなり。

この後はまっすぐ帰って、給油後家に着いた。
最後にフューエルワン投入の儀式を終え、本日の旅完全終了でございます。

今月はあと何回乗れるかな?
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

しゃくし菜? 私も食べたことがないです。
それにしても、秩父ってお寺が多いんですね。
色々と、私にとっては未知の世界があって面白そうです。^^

No title

台風明けでよくGL行きましたねぇ。前日定峰方面も大したことはなかったけど
やっぱり砂利が浮いてたりドキドキしました( ̄◇ ̄;)

ついに24箇所目か。
やっぱりカホさんてば真面目だわ~(。-∀-)
真似できまへんがな。

>utunosamu さん

しゃくし菜は秩父でよく食べられてるみたいです。
私は初めてでした。

秩父にこんなにお寺があることには私もびっくりです。

栃木からだと遠いですからね、秩父は。
未知でしょうね、たしかに。

>Nyaaaさん

うん、GLの鎌北湖付近は相当キテたよ、路面。
これぞGL!って感じでした。

なんだかんだで2日目はラクチンでした。
あと9か所。
今度は荒川方面ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)