スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹岡でラーメン食べて地獄見る

「本艦はこれより暴走半島に向け出発する!総員用意はいいか?」

「ヤー!コマンダー」

「なお、本日の作戦は念のため軍上層部より熱核装備の武装指示が出ている。進捗はどうか」

「熱核装備、通称ホカロン。10点装備済みであります。」

「よろしい!」

「しかし、コマンダー。こんなものを装備して、万が一コケたら地球が寒くなって人が住めなくなるけどよろしいのですか?」

「地球がもたん時が来ているのだ。それをわかるのだよ!キミ」


と、しょっぱなから脱線してみましたが、ヒートテックにホカロン貼りまくって房総半島に行ってきました。
ホカロン。
役に立ったような、邪魔だったような・・・。

出発は朝7:30。
子供の登校の見送り後そのまま出発。
いつもとはルートを変えて、王道ルートで攻めてみた。
さすがに通勤時間帯だけあって混みましたな。失敗だー。

今日のルートはとっても簡単。
R298から矢切を経由して市川からR14で延々進むだけ。
いつものことながら、市川~船橋間は渋滞した。
そして、市川市街の自転車&歩行者の信号守らない率高杉。
あちこちから老若男女問わず駆け出してくる。
ここはインドか?中国か?

稲毛のコンビニで休憩した後は、大工場エリアに突入した。
デカいトラックが走るだけあって道が広くてキレイ。
工場萌えの人にはたまらないエリアかと思われる。

工場を抜けるといよいよ景色が寂れてくるわけだけども、もう少し頑張って走ると絶景ロードに早変わり。

20110204001.jpg

右手に海を見ながら走るのです。
マップルを見たら、「内房なぎさライン」となっていました。
ココおすすめです。

さあ、ここまできたら目的地はあと少し。
本日の目的地は竹岡という小さな港町にある超有名店。

ラーメン大好きの私としては、ずーーーーーっと来たいと思っていた店なのであります。

20110204002.jpg
竹岡式ラーメン「梅乃家」さんです。

ここで解説。
「竹岡式」って何ぞや?
竹岡式ラーメンとは、ここ竹岡の梅乃家が発祥のラーメン。
ウィキによると、
~竹岡ラーメンの特徴は独特の作り方にある。スープにおいて、出汁は一切とらず、チャーシューを煮込んだ醤油ダレに麺を茹で上げた湯(または何も入れず沸かした湯)を入れるのみである。その醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、湯を加えることで見た目は濃いがまろやかな味のスープとなる。薬味にはタマネギの角切りを使う。麺は乾麺(都一)を使用しており、理由として近所の主婦が多数働くことから、誰でもほぼ均一に茹でられるなど作りやすく一定の品質が保てる部分が挙げられている。調理では乾麺のうまみを出す火加減の調整がしやすいことから炭火の七輪を使用して小鍋で茹でている。具として大ぶりのチャーシューとメンマ・海苔、薬味で玉ネギが載る。~

つまり、チャーシューの煮汁を、インスタントの乾麺を茹でたお湯で割って具を載せただけってこと?

なんでそれが有名店なの?

と様々な疑問が頭に浮かぶも、まあ食べてみればよろしかろう、と思っていたのです。
そして、いよいよ今日。
初竹岡式を口にするであります。

到着は11:30。
すでに4~5人が店外に並んでいる。
お客さんの回転は結構速いので、ほどなくして入店。
ラーメンにたまねぎの薬味載せを注文した。

20110204003.jpg
おお~、これがウワサの。

まずはスープから。

ズズッ ゴクリ







うーまーいーぞー!
20110204012.jpg

ちょっと信じられない味。
言われているような作り方でどうしてこんな味に・・・?
スープはしっかりとした味があって、もっと塩辛いのかと思っていたけど甘みすらあるよ。
麺も乾麺の割にしっかりしていて全然気にならない。
むしろ、スープが絡んでうまし。
麺は厳選した手打ち麺、スープは丸1日煮込みます、なんつー頑固一徹のラーメン屋さんの話がバカバカしくなっちゃうようなおいしさだお。

まさに
20110204011.jpg
プロトカルチャー・・・

これは我々が太古の昔に忘れ去ってしまったラーメンの原点なのではあるまいか。

そこらのラーメン屋の大将が食べたらヤックデカルチャーですな。

とはいえ、ここ梅乃家さんも、努力と工夫の末にこの味を出したんだろう。
決して手抜きとか、偶然の末にできた味ではないと思う。
これは未体験の人には是非食べてもらいたいなぁ。

大満足です。
こんなにビックリしたラーメンは初めてだ~。


と、ここで最初のホカロンの話に戻ります。
本日の房総半島は予想外のポカポカ日より。
バイクで走ってる時はまだよかったんだけども、室内でラーメンを食べるにあたっては完全にホカロンがジャマな存在に。
ラーメンの熱さ以外の原因でもう汗ダラダラ。
狭い店内でむさくるしくてゴメンサナイ。
やはり核は廃絶すべきです。


さあ、大満足のうちに次なる目的地を目指します。

食ったら動け。

エネルギーを燃焼させるのだー。

20110204004.jpg
ロープウェイに乗って、東京湾を一望。

20110204005.jpg
急峻な階段をひいこら言って上り詰め。

膝がカクカク笑った状態でたどりついたのはご存知。
20110204006.jpg
鋸山の地獄のぞき。
あのでっぱりのほぼ先端まで行けます。

では、さっそく地獄をのぞいてやろーじゃないの。

3・2・1・バンジー!(うそ)

20110204007.jpg
意外と普通。

うん、地獄は大したことないな。

それよりもココに来る途中ですれ違う人たちの方がよっぽど地獄的な顔してたよ。
みんな必死の形相でハアハア言って登り降りしてるからね。
途中、登りで往生している老夫婦に励ましの言葉なんぞを送ってみたりした。
「もう少しだよ!登れるよ!オマエは絶対できるって!あきらめるな!」
なんちゃって修造の誕生である。

地獄の反対側は絶景でした。
20110204008.jpg
回り込む湾。山、家々。う~ん、ほっこり。

地獄に行ったついでに、帰りは悪魔に魂を売って高速で亜空間航行をしちゃおうかとも思ったが、マップルの高速料金表を見て思いなおす。
高速はまた次回までとっておくことにする。(負け惜しみ)

でも、これが意外と正解だったかも。
帰りは来た道を戻るだけなんだけども、これがとんでもない快走状態。
車も少ないし、走ってるやつは飛ばすし、えらいペースで帰れてる。
とても楽しい。

ただ、こういう状況は国家権力にとっても最高の漁場なわけで道すがら2台くらいは白バイに捕まってました。

途中、例の工場エリアのあたりで自分と同じ春日部ナンバーの色っぽいお姉さんの後をハフンハフンしながら走る形になりました。
ボルティーなんだけど、飛ばす飛ばす。
お姉さんは後ろから迫る異形のキモオーラに気付き、途中で進路を変えていかれました。
なんだか残念無念。

そしてやっぱり船橋~市川間で渋滞して全然進まなくなってしまったので、やむなくすり抜け。
大幅なタイムロスを補うべく、三郷からは秘密の快走路へ。
信号がほとんどないので、ほぼノンストップで松伏まで戻れます。

最後に、竹岡式制覇の喜びを込めて、プリンパフェで祝杯を上げる。
20110204009.jpg

この頃にはもう、背中や左手首、首など、身体が悲鳴を上げていたので軽くストレッチをしてから帰宅した。

走行距離は250キロ。
戯れに燃費計算してみたら、リッター13.9キロくらいだった。
あんまり走ってないのにこの痛み。
身体が鈍っているんだな、これ。
徐々に戻していくぞー!


房総って今まであんまり行く機会が多くなかったんだけど、結構イイね。
房総スカイラインとか行ってみたいし、今日の国道沿いにあった宮醤油でお醤油を買ったりもしてみたい。
かなやとかで魚介三昧も捨てがたいし・・・。
あ~ん、迷っちゃう~。




お・ま・け

帰宅後に廃棄された熱核兵器
20110204010.jpg

おそまつ
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

コメント

熱核兵器は,助の字貼りじゃなかったんですね。
ちょっと,怒ってるみたいです。
竹岡式・・・
零戦みたいだ・・・
いいお散歩ですね。羨ましい。

そうそう・・・おいしいもの第2弾を私のブログで掲載しました。
また是非行ってみてください。
今度は,せんべいでとってもリーズナブルです。
それから,指令もあります(^^;)

>Koaraさん

そうです。
兵器はもっとも効果的な部位に貼りつけるべきものです。
今まで走ってきて、「寒み~」と思ったところに集中して貼りつけました。

今回のツーリングは我ながら大満足です。
おさんぽの割に身体中バキバキに痛いのが難点ですが。

せんべい。
ふふふ。
いっちゃいますよー。

カイロ貼りすぎです!

今日は暖かいって散々言ってたでしょ?天気予報で(笑)

竹岡式ラーメン・・食べてみたいですね~。
亜空間ワープで出前はないですか??(笑)

>HORI-Gさん

最近めっきりテレビを見なくなったもので・・・。
つまんなくね?最近のテレビ。ってな感じです。はは。

竹岡式ラーメン。
是非食べにいらしてください。
アクアラインを使っちゃえば。あっという間ですよ。
いざ、関東へ!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。