妻沼でつけめーん

タイヤの寿命もあとわずか。
あんまり遠出はできないけれど、ギリギリまでタイヤを使い切りたい。
そんな貧乏性が繰り出したのは県内ツーリング。

県内なのでゆっくりスタートの10時出発。
いつものルートで県北へGO!

フロントブレーキを残したまま倒し込むと少し滑るような気がするけど気にしなーい。

約2時間で目的地に到着。
20101108001.jpg
道の駅めぬま。

ここは杉戸と同じく「アグリパーク」の名がついた立派な建物があります。
20101108002.jpg


今日の目的地はちっさい方の建物。
20101108003.jpg
なぜか道の駅の中にラーメン屋(つけ麺屋?)が入っているのです。
しかーも。
ネットではやたらと評判がイイの。
これは自分で確かめねば。

ってことで暖簾をくぐってきました。
カウンターと、長テーブル+座敷の作り。
長テーブルに座ったので、前に座った人や、隣の人との距離が近い。
非常に写真を撮りにくい状況だったので、転載にて。
20101108004.jpg

美味いです。
スープはドロッドロの豚骨魚介系。
獣よりも魚介が強い感じ。
麺はコシがありすぎず、ツルっと食べれるライトな感覚。
よくつけ麺だとコシというか、ゴリンゴリンに固い麺が出てくる場合があるけど、あんまり好きじゃないのよね、アレ。
食べ終わった後、顎が疲れるような麺はちょっとねぇ。
で、ここのはちょうど良い固さなのでツルツルと入って行く。
また、スープもよくからんでとても食べやすい。
店員さんもおばちゃんたちを中心にフル回転。
接客業におけるおばちゃんの力は絶大だよねー。若いのの2倍は動いてる気がする。

ってことでスープ割なんかも楽しんで大満足の食後となりました。
お近くまで行った際は是非立ちよればいいんじゃない。
すっごい人気店になりそうな予感。
実際、土日はスープが売り切れることもあるらしいし。


妻沼はもうひとつ見どころがあります。
道の駅のすぐ近くです。


早速行ってみました。
20101108005.jpg
妻沼聖天山。

聖天とは大聖観喜天のこと。
顔が象で身体が人間。
ヒンドゥー教でいうところのガネーシャですな。
父親のシヴァ神に首を切られて見つからなくなったので、近くにいた象の首を付けられちゃったかわいそうな神様です。

20101108006.jpg
入り口に近いところには貴惣門という立派な門があります。

仁王様かと思いきや、毘沙門天と持国天の組み合わせとのこと。
四天王のうちのお二人ですな。

20101108007.jpg20101108008.jpg
とはいうものの、ちゃんと、阿吽の配置になっています。

途中、おじいちゃんがいます。
20101108009.jpg
斎藤実盛という源平期の武将です。
平氏方に付いちゃったので、討ちとられてしまうのです。
年寄りと侮られないように、墨で髪を染めて出陣したそうです。
三国志でいう、黄忠みたいなじーさまですな。


さらに進むと、今度は仁王門があります。
中の仁王さんのオデコにお札貼ったのは誰じゃい!
20101108012.jpg
キョンシーかい。

20101108015.jpg
門をくぐった先の本殿は残念ながら改修中でした。
現在、3億5千万円の浄財大募集中。

本殿からは読経が聞こえてきました。
スピーカーで外まで聞こえるようになってるから。
なにやらすごく音楽的な響きのあるお経でした。
これは面白いかも。


本殿を後にして、裏山を登ります。
20101108014.jpg
落ち着いてていい感じ。

弁財天がいたり、なぜか不動明王の眷族の慧光童子までいたりする。
家に帰ってから調べてみて納得。

聖天様も、弁財天も慧光童子も共通するキーワードは金運・商売繁盛。
ここのお寺は徹底的に金運にこだわっているのだ。(ホントか?)

因みに、明王伝レイの慧光童子は、目からレーザー光線を出すスケ番というとんでもない設定でした。
あ、どーでもいいっすか、そうですか。

20101108010.jpg
今日は菊花展もやってました。

菊人形発見。
20101108011.jpg
「き、金田一先生、人形の首が佐武くんの生首になっとるんですよ!」
ゴロン
「ぎゃー」
なんてことはありませんのでご安心。

ということで参拝終了。


帰り道で、利根大堰に寄ってみました。
20101108016.jpg

20101108017.jpg
この下で鮭の遡上を見れるんですが、今年は例年に比べ遡上が遅い。
例年だと1日あたり100匹以上の鮭が登ってくるはずなんだけど、今年は1日に1ケタくらいしか来ていないらしい。
よって、鮭目撃できず。

月末付近でもう一度行ってみよう。


そうそう、
20101108018.jpg
久喜ジャンクションがだいぶ出来上がってきましたよ。

以上。
帰りにバイク屋さんに寄ってタイヤ相談をしてきました。
タイヤどうしようかな~。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

コメント

タイヤまだもたしてるのですねぇ。
うちの新人さんもサイドの亀裂がきになりつつ
全然セーブしないで走り回ってますが
確実に硬化してるからなにげにグリップ感が今ひとつー。
前後替えたらいくらかなぁ。どきどき。

悩みますなぁ~。

>Nyaaaさん

そうなのです。
車検に次ぐ大出費なので、金策が大変なのです。
独身の頃は、ホイホイっと換えられたんだけどなぁ。

タイヤは細いほど安いから、コニンジャさんなら意外と安く収まりそうじゃない?
うちのもリヤが細い分、金額面では助かってます。
これで、今時のぶっといタイヤだったらと考えるとガクブルもんです。

付けメーン、麺ふとっ!
札幌ラーメンよりも太いかも。
でもおいしそうだわあ!!

子の間ふるいバイク雑誌みててたらこのカホさんのバイク。
このモデルが無かったら今のSSはなーい!
SSの先祖だと書いてました。
すごいバイクなんだな。
乗ってみたーい!

>ベルボトムさん

そうなんです。
最近流行りのつけ麺は極太なのですよ。
おいしいですよー。日本に帰国の際は是非!

そして、多分その雑誌が言っているのは初代のRなのだと思われます。85年式。
当時の750で画期的な170キロ台の重量。超パワフルな油冷エンジン。
今でも、好事家の間では大人気です。
でもって、うちのはその次のモデルの超不人気車なのです。ほげー。
両方所有したことがありますが、初代は乗り味が古いみたいです。
ウチのコの方が現代的ですね。
どちらも良いお味です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)