スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのバイクユーザー車検

慢性的な金欠が続く中、空は晴れ渡りその上ぽかぽか陽気と今にも走りだしたくなる今日この頃です。

そしてその金欠のため、今年は節約のため車検をユーザー車検にて通してしまおうと。

浮いたお金でパーツ交換やらその他の整備に回そうと。
でもってすでにブレーキのメンテをやってもらったわけだが。
来月はオイル交換もだな。
あ、でもタイヤの交換費用も貯めておかねば。

ぶるぶるっ。あ~いやだ。お金のことを考えるのはやめておこう。


さて、私はユーザー車検に関しては一度もやったことのないオボコ娘なのでいろいろと不安がありました。
いろいろと教えていただいたバイク屋さんの店長に感謝しつつ、同じ境遇の人のために今回の手順などを残しておこうと思います。
といいつつ、2年後まったく頭をカラッポにしているであろう自分のための忘備録だったりもする。


まず手始めに信用できるバイク屋さんに相談。
整備や修理をしないと車検に通らないバイクはここで止められるはず。
でもって大事なのが、私のようにロクに整備もできない人間は、本来ちゃんとお店で点検整備をしてもらった上で車検に臨む方がベストだということ。いや、「マスト」かもしんない。
金のせいにして後で泣きを見たって知らないんだからね>俺。

今回は店長のご厚意で、書類一式をいただいた上に書き方までご教授いただいた。
自賠責保険も前もって更新してもらった。
ネットで調べたところ、「点検整備記録簿」なる書類も必要らしく一応準備していったが車検場では提出すら求められなかった。
が、いざその段になって「出して」とか言われた時に、「あわわ」とならないために用意はした方がいいのかもしれない。


次に、車検場に予約を入れる。
オンラインで入れられるのだが、なんと希望日がすでに予約いっぱい。
だが、慌ててはいけない。
朝とか夜とかに見ると、状況が変わって空きができていることもあり。
今回はそれで予約を入れました。
画面でポチっとなをするとメールが届くので、1時間以内に返信。これをしないと予約したことにならんので注意。
「画面を印刷するように」指示されるが、予約番号をメモっておけばOKっぽいです。


そしていざ当日。
タイヤの空気圧くらいは確認していざ出発。
洗車も済ませておいたし、準備は万端。のはず。
で、念のため暖気もたっぷりしてアイドリングも安定させておくのだった。

そしてここが大事。
車検場に行く前にまずテスター屋さん。
ライトの光軸・光量のテストをしておきます。
なんといっても古いバイクなので光量が心配。

春日部は陸運局の目の前にテスター屋さんがあるので大変便利。
一度裏から入って、機械を通して正面に出てくる仕組み。
光量は太鼓判をいただいたが、光軸は結構ズレていた模様。
お兄さんはササっと直してくれたが、あんなの素人にはムリ。
しかも2灯式のライトなので検査のために片側にガムテープを貼っておいてくれた。(検査が片方ずつなため)
とっても親切。2500円也。
絶対に行った方がいいです。万が一検査で落ちても同じ日なら無料で再調整してくれるのです。

いよいよ陸運局に乗り込みます。
20100225001.jpg
今回は地元春日部の陸運局です。

予約は14:15からの受付の部だった。
1時間くらい前に着いていたので、前もって印紙を買っておこうと思い、行動開始。
一番手前の建物で、「どこで買えばいいんですかねぇ?」と聞くと、「多分、一番奥の2輪の受付だと思うよ」と言われたので一番奥の建物へ移動。

奥の2輪の窓口で「印紙はここでいいんですか?」と聞くと、「大丈夫ですよ、書類を出してください」と言われ、そこからは流れにのってなすがまま。
とんとんと車検の受付も済ませ、検査レーンへ向かうように言われる。
どうやら予約の時間枠はほぼ無視らしい。


車検レーンの入り口で、スピードメーターの読み取りが前輪/後輪、とライト1灯/2灯をセットすると検査員のお兄さん登場。
よかった、優しそうなお兄さんだ。(ここまで注射を受ける前の小学生の気分。あの医者痛くしないかな?的な)

お兄さんは、「機械の使い方、わかりますか?」
と聞いてくれたので、
「初めてなんです。(優しくしてね)」
と正直に答えたところ、横に付いてマンツーマンで検査してくれた。
もう抱かれてもいいと思った。


最初は灯火類のチェック。
ライトをLo/Hiで切り替え。
ウインカーを前後で左右チェック。
ブレーキランプ前後。
以上をチェック後、トンカチでブレーキ回りなどをカチカチして最初の関門を突破。


前に進んで、スピードメーターの検査。
前輪を床のローラーにはめて、左足のフットスイッチを踏みます。
ローラーが回って、メーターが動き出すので40km/hのところでフットスイッチを離す。

で、そのままFブレーキの検査。
目の前に「ブレーキかけろ」の表示が出たところで全力で前後ブレーキ。ふんぬー。余計な力使いまくり。
次は同じ要領でリヤ。
ここでちょっとした問題発生。
フットスイッチが微妙に遠い。
つま先に全神経を集中し、絶妙のバランスを維持。
この検査も無事突破した。


最後に難関の光軸・光量検査。
機械の前でライトをHiに。
検査員のお兄さんがテスター屋で貼ってくれたガムテをはがして片方ずつライトを隠してくれた。
ありがとう、お兄さん。
ここで、一発で機械が反応しないアクシデントがあったが、お兄さんの指示でアクセルを煽って無事突破。

出口で書類にハンコを押してもらって再び建物内へ突入。

新しい車検証とシールをもらって、今回の車検ミッション全て完了。
あっけないほど簡単。かつ短時間。

家に帰ってからシールを張り替え。
20100225002.jpg
やれやれ。
これで24年まで安心じゃわい。

しつこいようだけど、自分で整備できない人はちゃんとお店で見てもらった方がいいんだからね。
アンタのためじゃないんだから。
不況のバイク業界のために少しでも金を使いなさいってこと。

と、軽くツンデレ風味で自省を込めて呟いてみた。
スポンサーサイト

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

コメント

無事車検合格おめでとうございます。
これで2年間は安泰ですね(^-^)

ところで・・・車検後・・・
抱かれたんですか?(笑)

大変参考になるのですが、俺も日頃自分で整備をしないので、やはりバイク屋にお願いするでしょうね。
高いですが、その為に年末から車検用に500円玉貯金してますからね(笑)

あと4ヶ月です。

>HORI-Gさん

もちろんです。
アーー!!

ウソです。

ユーザー車検、やってみると意外とスイスイ進みますね。
周囲の協力もあったからなんですが。
ちゃんと整備もしなくちゃ。

>武郎さん

そうそう。
本来はちゃんとお店でみてもらうべきだと思うんですよ。
その後安心して乗れますしね。

あと4カ月で貯金たまりそうですか?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。