スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革のお手入に

シンケンジャーが終わってしまって完全に脱力しきった一週間でした。
おもしろかったよ、シンケンジャー。
タイムレンジャーに匹敵するおもしろさだったよ・・・。
大丈夫かな、ゴセイジャー。


さて、本日から待ちに待った冬休みに突入です。
4日間だけの。

まずは家族でカラオケなどに行って、シンケンジャーの主題歌を熱唱して侍戦隊を弔ってきたわけですが。

帰って来てから長らく放置していた革グッズ達のお手入れを開始しました。
先日、ライコの商品券でゲットしておいた革のお手入れのリーサルウェポンを使うのだ。
その名は・・・、

ラナパー

知ってる人は知っている。
数年前まではよくテレビショッピングで売られていた商品です。
タレントさんが大げさに驚いちゃうアレです。

ラナパーはクリームをスポンジで塗り広げていくタイプのブツです。
車のワックスみたいな感じ。

で、使ってみてビックリ!

私と生死をともにしてきた歴戦の革勇者たち。
油が切れて、ところどころカピカピで象の肌みたいだった革ジャンが、
アチコチが擦れて灰色に変色している革パンが、

みるみる蘇っていくじゃないですか

ひび割れていたところは油分が浸透していくとなめらかな手ごたえに変わりーの。

灰色の部分はしっとりしてくるにつれ黒色が蘇りーの。

劣化した材質が新品に戻るわけじゃないんだけど、かなり目立たなくなるよコレ。

ハッキリ言って、今まで使っていたレザニングとは比較にならんです。

オススメです。

大事なことなのでもう一度言います。

「ラナパー」です。



って、なんかセールスみたいな文面に。

ということで、アピールしといたのでラナパー10年分ください>メーカーさん
スポンサーサイト

コメント

こんなのもあります

ウォーリー ヒマラヤワックス。
オフブーツの修理屋さんのblogでおすすめしていたので知り、他にも調べてみたら結構良さそうだったので、現在NO STOPに使っています。(まだ試しているところです。)
防水・保革しつつ革が柔らかくなりすぎないというのがバイクのブーツにはよさげです。

ラナパーですね(笑)

もうミンクオイルとかは古いのかな?
ミンクオイルでしか手入れしたことなかたんですが、今はいろいろあるんですね。

>JANさん

それ聞いたことあります。
いろいろありますよね~。
そういえばブーツにはいいワックスかけてないなぁ。
今更感バリバリのブーツなもので。

>ベルボトムさん

いや、まだまだよく聞きますよ>ミンクオイル
なんかミンクオイルって塗りすぎちゃイカンのだろうし、使いにくい印象がありまして。
使ったことないから偏見を持っているだけなんですけどね、実は。

ラナパーって舶来モノらしいので、アメリカにもあるんじゃないでしょうか。

一度やわらかさが戻ったら、あとはニベアでOK牧場よ?
やすあがり~

ミンクオイルなんですが、つなぎ屋さんにいわすと「使いづらい」
そうです。アレって粘度が高いので浸透しづらいんですよね。
ステージレザーさんやセクレテールの社長が進めてくるのは
きまってニベアです。そこそこに浸透して、そこそこに伸びるので
扱いやすいからなんだそうです。

そんな私はつねにニベアしか使いませんです。

>店長

ニベア!
あのニベアですか。

ミンクオイル、印象通り使い難いんですね。
いまのクリームを使い切ったらニベアを試してみます。

商売としてはミンクオイルを売った方がいいはずのつなぎ屋さんが
ニベアをすすめる。これが全てだと思いますです。

>店長

ですね。
しかし意外なアイテムですねぃ。
ラスボスに一番効くのは初期装備の「ひのきのぼう」でした。みたいな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。