スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷道制覇だ ~R299編~

お腹に爆弾を抱えつつ、楽しみにしていたツーリングに行ってまいりました。
前日のスタジオ入りといい、この日のツーリングといい、おとなしく寝てられますかっての。

この日のルートはいつも慣れ親しんだR299を端っこまで行ってやろうという企画。

十石峠以西は未踏破。
酷い酷いといろいろと噂に聞いていた道だけに、ほんとワクテカでしたよ。
台風が通った後だから、抜けられるのか不安だったりもしたけど。


おめざは朝4:30。
ドラッグをキメなくてはイカンので、しっかり朝ごはんを食べて一発キメた。
シャワーも浴びて、細胞を強制的に目覚めさせるのだ。
でも、ラジオ体操するのを忘れちゃったんだな。

この頃寒いので、装備は完全に冬支度。
革ジャンのみ春秋仕様で出発。


バイクの始動は1時間後の朝5:30。
前に乗ってから1週間と間が空いてしまったので、なかなか火が入らずちょっとアセったものの、なんとか始動。
早朝のため、ご近所を気遣って暖気なしで走りだす。
回転を上げずに走りながら暖気ってわけ。
「それはマズイ」っつー人と、「その方が機械にやさしい」っつー人と、賛否両論の方法なんだわさ。

道路は適度に空いており、やや不安を感じる。
「なんか早過ぎねーかな」
と。

ちょっと意識的にペースを落としたものの明らかに早い。
まあ、早い分には集合場所のコンビニで立ち読みでもしてればいいか、と思いつつ、7:30集合のところ6:50頃吾野のサンクスに到着。
油断しつつ駐車していると、
「おはよう!」
との声が。

naoさんでした。
オレよりさらに早く着いていた模様。

さらに、トイレに行っている間にNyaaaさんも到着。

結局集合時間よりも30分以上前に全員集合してしまったのだった。
さすが社会人だ。遅刻しないぜ。


さあ出発です!

爆弾を抱えた腹部にホッカイロを貼りつけて準備万端。
先導は、秩父でのみ使える男になるこの私めが走らせていただきました。
おそれ多いことでございます。
ま、秩父以外じゃ、てんでダメ夫な私ですから。
こんな時くらいはお役に立ちましょ。

当初、天気が悪かったものの、正丸トンネルを抜けたら天気が好転しており、以降は太陽光線を浴びながら走れたのだった。ラッキー。

志賀坂峠の手前で給油をしてから、峠突入。
入り口で、もっそい遅い車に前を阻まれるもなんとか3台揃ってやり過ごし、快適な峠路へ突入。
住宅地では回転を落とすものの、山間部ではNyaaaさんがニコニコしながら煽ってくるかもしれないので、ちょっとがんばってみた。
朝だし、久々の峠だし、ってわけで身体が動きにくかったもんで膨らんだりフラついたりしてしまった。
でも、また腰を大きく落とす練習もしてみたよ。
コレ、やりすぎると普通のリーンウィズがしにくくなるね。
落とさないと曲がらなくなる、みたいな。

トンネルを抜けて、直後の良いコーナーを抜けて、しばし走った辺りで休憩。
20091012001.jpg
恐竜の足跡のところにて。
左からGSX-R(ワシ)、ZR-7S(naoさん)、FZX750(Nyaaaさん)です。
相変わらずの引き過ぎ撮影です。
naoさんはリーンウィズの深いバンク角でキレイにコーナリング。遅れることなく付いてきます。
Nyaaaさんもちょっと間を空けて付いてきます。アメリカン用のタイヤで・・・。
この人をSS系に乗せたら一体どうなってしまうのでしょう。
不敵に微笑むNyaaaさんにチギられる自分を想像してしまった。


休憩後はいよいよ未開の地へ。
しばらくはきれいな2車線路を流したものの、段々と狭くなる道。
そして、
20091012002.jpg
ここが地獄の入口。

「南・・・。細い道だろ・・・。国道なんだぜ。これで・・・。」←わかる?「タッチ」よ、タッチ。


積もる落ち葉(ところどころ濡れ落ち葉)

ばら撒かれた小石(しかも尖り気味)

割れたアスファルト(っていうか陥没)

噂に違わぬ酷道っぷり。
しっかりとペースを落として安全運転。

しかし、落ち着いてよく考えてみると慣れ親しんだGLと大差ない気がしてきた。
まあ、GLは林道。こっちは国道なんだけども。
いけるところはやってみた。


老婆心ながら、これから行く十石峠初心者の方がいればご忠告を。
・落ちている石は尖っているものも多いので踏まないようにね。パンクしちゃうぞ。
・両脇に落ち葉が積もっているので、カーブは安定して走れるスピードをキープしましょう。膨らむの厳禁。
・意外と対向車が来ます。とにかくミラーの確認は怠らないように。
・携帯の電波が届きません。だからコケちゃダメ。壊しちゃダメなの。


しばし走ると頂上付近で開けた場所があったので小休憩。ここも国道。
20091012003.jpg

と、思ったらこのすぐ上が展望台だったのだった。
20091012004.jpg
すかさず登る3人。
●●と煙は高いところが・・・、などと言ってはいけません。

20091012005.jpg
ふおっ!いい眺め。
妙義山・榛名山・赤城山の群馬三山と、前橋・高崎・渋川市内を一望。
今度行くからなー!

しかし、長くいると身体が冷えるね、ココは。
20091012006.jpg
下見ると結構高いし。
写真に写っているように、次から次にバイクが来てました。みんなモノ好きね。
で、後から上がってきた家族連れのお子ちゃまに
「ライダーが来た、ライダーが来た」
とうわごとのように言われちゃって、なんか気恥しくなったので降りてきました。


ここからは下り。
そんなには荒れてない。(キレイでもない)
しばし走ると、一気に展望が開けた。
山と田んぼと、まばらな農家群の真ん中を風のように流せるイイ道。

そして一旦R141に合流し、再びR299へ。
今度はメルヘン街道だよ~ん。
ここで質問です。

メルヘン街道って、どの辺がメルヘンなの?

群馬のメルヘン街道もそうだったんだけど、田んぼと里山みたいな風景があるとメルヘンなのかしら?
みなさんはどの辺にメルヘンを感じますか?

ちょっと走るとイイ感じのコーナーが続くものの、4輪車も増えてきてちとストレス増加。
麦草峠のレストハウスで休憩。
20091012007.jpg
あ~、いい天気。
お土産買ったり、きのこ汁飲んで、かなりまったり。
結構長時間滞在した。

その間次々と入ってくるバイク達。
ヘルメットを脱ぐと、み~んなオッサン。
自分も含めてなんだけども、バイク乗りの高齢化を感じた。
それ自体はそう悪いこととも思わないし、むしろ分別ある大人が乗った方がいい乗り物だと思う。
でも、やっぱり若い子も欲しいよ。
ぴちぴちギャルじゃなくてもいいからさ~。
裾野を広げましょうよ。

さて、いい加減長居し過ぎて虫にたかられ始めたのでそそくさと退散。
先を急ぎます。

いや、急げなかった。
前を法定速度以下で走り続けるKYな大阪ナンバーの車にふさがれ続けたりして高まるストレスと肩・首への負担。
途中、ベッコリへこんだ車と、そこに突っ込んだと思われるバイクも停まっていて・・・。
とにかくガマンの一言でござんした。


その後、無事に峠を下りきり、めでたくR299制覇完了!
勢い余って曲がるところを通過してしまうオミソ付き。

途中のコンビニでルートを再設定してUターン。
ここからはnaoさんに先導してもらっちゃうもんね。
オレは完全にキャパオーバーだもんね。
あのまま見知らぬ道で先導してたら頭から煙噴いちゃうよ、ホント。
何度も言うようですが私のCPUなんてPC6001くらいのもんですから。ええ。

で、先導のnaoさんのはからいで、ビーナスラインなんかも走れてもうホクホク。
思わぬ名道を走れてよかった。
次回は霧ヶ峰の方まで行けるといいな。

最後の休憩&昼食ポイントは
白樺湖
20091012008.jpg
しらか~ばリゾ~ォト~、●ノ平ホテルッ。も見つけたよ。

最初に入った忘れられた昭和みたいな蕎麦屋からはそそくさと退却して、別の蕎麦屋でなめこ蕎麦食べてきました。
もちろん食後にドラッグもキメました。ビオフェルミンです。


食後、ガソリンを入れてここでnaoさんとお別れ。
おつかれさまでした。

ここからは再びオレが高速入り口までNyaaaさんをエスコート。
GSのニイさんに道を聞いて、佐久を目指して出発。
下りでは前をバスにふさがれちゃったけど、タイミングを見計らって合法的に追い抜いてきました。

んで途中、東御インターの看板が見えたのでそっちに行っちゃおうと思ったものの、なぜか元の道に戻ってしまったので、そのまま佐久へGO。

高速に上がってからは水を得た魚のNyaaa先生が引っ張ってくれます。
オレの膝のプロテクターがヒラヒラしちゃうスピードでぶっとばす先生。
横川SAで最初の休憩。
Rさんの話なんかをした。

そしてこの日の本当の地獄はここから始まった。
SAを出てすぐ渋滞開始。
Nyaaa先生が切り開く亜空間トンネルをくぐってワープするものの、どこまでいっても渋滞。
あたりが暗くなってもまだ渋滞。
上信越道から関越へと道が変わってもまだ渋滞。
結局渋滞は碓氷軽井沢から嵐山小川までビッシリ続いていたのであった。

ずーっとNyaaa先生の切り開くトンネルでワープしててもさすがに疲れる。
Nyaaaさんも病み上がりの自分を気遣ってくれているような後ろ姿だし。
ホント申し訳ない。

上里SAで最後の休憩&給油。
そこでライトが片方切れている指摘を受ける。
前回の日光で生き残った方のバルブもとうとう終わってしまった。
実に5年半もがんばってくれました。

ありがとう!お前の一生、まぶしかったぜ!

そこからは若干流れ始め、オレは東松山にて離脱。
Nyaaaさんがいなかったら、どうなっていたことか。
助かった~。
でも、Nyaaaさんも疲れたでしょ?ずーっとお荷物引っ張りながら切り開くんだもの、大変ですわな。
あとで、Nyaaaさんが無事帰宅できたと思われるメールの返信が来て、ホっとしたのでありました。

あとは下道・裏道を駆使して、東松山~春日部間を1時間で走破。
まっすぐ帰宅せずに、いつものバイク屋さんに20:00着。
ツ-リング中に気になる箇所があったので、お土産を届けつつ御相談。

そこで、店先にてすんごいバイクを発見。
ジレラのCX125っていうバイク。
20091012009.jpg
お客さんのバイクだってことで実写の写真はありません。
独特のカウルと片持ちのスイングアームとフォーク。
見れば見るほどカッコイイ。
特に足回り。
「メカ」って感じで惚れぼれするね。
貴重なバイクが見れて、思わず合掌。

その後、結局23:00までだべってから帰宅。

そんなわけで、いつもは当日中に仕上げるツーレポですが、今回は一日遅れのUPとなりました。

あ~、楽しかった。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

コメント

お疲れ様でした

程よいペースで先導頂き感謝です。
タイヤを新調したとは云え、あれ以上速いと付いて行けませんです。
ブーツのつま先が路面とキッスして何度フラフラっとしたコトか。
エキサイティングで楽しい一日でした。
でわでわ

酷道制覇・・・お疲れ様です。

路面が荒れてて凸凹は怖いですよね~。
先日、県道でひどい目にあいました(T_T)

最後で渋滞って一気に疲れちゃいますよね(ーー;)

>naoさん

程良かったですか。
よかったよかった。
先導はペース作りに迷いますよね~。

ブーツの先っちょを擦る時はステップにつま先で乗ると良いとバイク屋の店長が言ってました。
そうするとブレーキペダルが踏めなくなっちゃうんですけどね。
奥と手前でペダルが2本付いているブレーキペダル欲しいですね。

>HORI-Gさん

荒れた路面はいつも走ってるので意外とイケル口です。
かっとばすのとは違う楽しさがあるんですよ。
酷道。

高速の渋滞には閉口ですけどね。

帰りの渋滞はツレがあるほうがゆるっと
できるから疲労度が少ないもんなんですよ。
一人だとドンドンとペースが加速していってしまう(笑)

GLとの違いはアップダウンでしょうなぁ。
路面コンディションは初夏あたりの方がよさげ。
今度は落ち葉を気にせず走ってみたいなぁ。

メルヘン街道も由来は私も気になった。
ドイツのメルヘン街道から??
そういえばあの辺りロマンチック街道もあるから
パクりだな、きっと(笑)

私の周りは実は40代よりも20代半ばが多いよ。そういや。
あんまり違和感がないのだわよ。SS率が高いし、走りもやんちゃ。
私はソロだとそれ系だからツレある時は大人な感じがリラックスですわよ。

不敵に微笑みながらカホさんをちぎる日...
いつか...いつかきっと!!(爆)

酷道・・・

イイ響きだ~v-10

展望台の横っちょの林道(ゲートあり)を少し歩いていくと、風景が変わりますよ。

正丸あたりから、天気が変わりますよね。私が秩父に行ったときもそうでした^^

お疲れ様です(^^ゞ

メンバーも素敵だし 楽しそうなコースですね!o(^-^)o

いつの日か 必ず私も♪三 (/ ^^)/

お疲れ様です。

R299だったのですね。
自分は、R141から西にしか走ったことがまだありません。

地獄の入り口の写真を見て
おぉーガードレールが有る!、しっかりした道じゃん。
と、思った自分はチョットやばいかも。
十石峠、行ってみたいです。

メルヘンですか・・・?
あの、子供用かと思わせる狭い片側1車線の部分とか・・・(笑)
はじめて走った時、中央線はギャグかと思いました。

>Nyaaaさん

そかそか、邪魔にならなくて良かったよ~。

あぁ、群馬はロマンチック街道か。
頭の中でごっちゃになってたよ。

なぜか自分の周りは30代ばっかしなんだわさ。
なんでだろ?

もう早いとこ不敵に微笑みつつブチ抜いちゃってくださいw

>mitiさん

ありましたね、展望台脇の林道。
車で来てる人達が結構入って行ってましたよ。

そうそう、正丸トンネル。
入る前と出た後で天気が変わること多数。
おもしろいもんですね。

>Rさん

メンバーはほぼ同じ力量の3人だったので、走りやすかったみたいです。お互いに。

お待ちしてますので、いつの日かご一緒しましょう!

>ボティーさん

そう、いつも走ってるR299の果てはどうなっているのかな?
という好奇心がありまして。

たしかにガードレールはあるし、ある意味GLの方が過酷かも。

中央線。
ギャグですよ、きっと。

十石峠から秩父に向かう時に、右手に不二洞っていう鍾乳洞があります。
意外とオススメだったりします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。