スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジション紹介

日ごろから、「うちのRはポジションがキツイ(変態的に)」と言ってはばからない私です。

が、

・そんなこと言ってそれほどじゃないんじゃない?
・それでも最新のSSのがきついべさ
・甘ったれんな、コノヤロー

などという意見もあるだろうと思いまして、このたびご紹介させていただくことにしました。

まあ、見てみてちょーだい。

まずは、
<ポジション1>
ポジション2(普通)

ある程度の操作性を残しつつ、上体を最大限アップライトにしたカタチ。
これでも相当キツイっす。

次に
<ポジション2>
ポジション1(攻め)

上体を伏せてます。
基本的にスクリーンに潜らなきゃならないようなスピードは出さないのですが、このくらい肘に余裕を持たしておかないと、コーナーで腕が突っ張っちゃって、ハンドルが切れにくくなるのです。
よって、ワインディングなどを走る時のスタイル。

でもって
<ポジション3>
ポジション3(地蔵)

地蔵乗り。
もう首が痛みの限界に達した時に取る姿勢。
サイコーにカッコワルイが、操作性も著しくわろし。
あまり人に見られたくないけど、しょーがないときはしょーがない。

まあ、比較画像がないのでなんとも言えないけど、わかってもらえますかね?

因みに5歳の息子が乗るとこうなります。
タンクに虫

タンクにへばりつく虫状態。


スポンサーサイト

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。