バイクで行ける日本の台湾

先日どうしてもモンハンやりたくて貯金を崩してプレステ4買ったんですよ。
発売日にテレビも買って準備万端。
さあ、キャラメイク!
と思ったら突然電源が落ちるんですよ。
何回やっても。

初期不良

泣く泣く翌日修理に出したわけです。
そしたらSONYさん頑張ってくれて3~4日で戻してくれたんです。
やっとできる・・・
と思って電源入れたら

直ってねー!

SONYさんに逆送ですわ。

今は2度目の修理から戻ってきて直ってますけどね。
完全に出遅れましたしおかし。



そんなバイクとはまったく関係ない話題からスタート。
表題の件。
電車で行けるアメリカの大学。的な。

最近、埼玉県のB級スポットを探すのがひそかな趣味。
そこでキラリと光る物件を見つけたので、たまの休日を利用してお出かけしてみました。
もちろんバイクで。

ツーリングマップルとiPhoneのぐーぐるまっぷが私の唯一の味方。

まあ迷う迷う。
車しかない生活が続いていた間はずーっとカーナビ頼りの生活だったので、地図の見方を忘れてますね。
カーナビに慣れるとバカになると言われたことがあるけども、超実感しました。
まあ、途中の道に一切の案内看板が出てないのも原因ですが。


埼玉の片田舎を走り続けると田んぼの真ん中に突然異世界が出現。
fc2blog_201802082112145d0.jpg

fc2blog_2018020821121570f.jpg
日本最大の台湾式神社聖天宮(最大って解説のおじさんがゆってた)

どーせ埼玉のはずれにあるような建物だしハリボテでしょ?
とあなどるなかれ。
fc2blog_20180208211216f6f.jpg
がっつり作りこみ。

fc2blog_201802082112178c2.jpg
1本の石柱にがっつり彫り込み。
こんな柱がそこかしこ。

以前行った台湾の寺社と同じく中央に参道があるのではなく、外周から回っていく造り。
fc2blog_201802082112183b7.jpg

fc2blog_20180208211219502.jpg
2つの出入り口は4人の神様がそれぞれお守り。

続いて本堂。
fc2blog_201802082112208eb.jpg

fc2blog_20180208211221ee5.jpg
撮影許可いただきました。

本堂では解説のオジサマが待っていて、いろいろ教えてくれました。
お寺ではなく神社なのだそうです。
仏教色が強いけど、たしかに神様の名前はいずれも馴染みのないお名前。

本堂から中庭に出て建物正面を後ろから撮影。
デッカイガラス張り。
fc2blog_20180208211223a04.jpg

ここにも一枚の石を彫り込んだ彫刻あり。
fc2blog_2018020821134431c.jpg


本堂の横にはステキな中国家具のお部屋。
fc2blog_20180208211222887.jpg

2つある塔にも上れます。
fc2blog_20180208211346c83.jpg

ひとつひとつ造りがすげえ。
fc2blog_2018020821134524b.jpg

fc2blog_201802082113484d4.jpg

ちなみにこんな感じで周りには何もありません。坂戸ぇ。
fc2blog_2018020821134932f.jpg

解説のおじさんいわく、台湾から宮大工を呼んで15年かけて作った建物だそうで。
横浜や神戸にも同じような建築があるけど、ここが日本最大とのことでした。

B級スポット目当てで行ったけど、全然超A級だったわけで。

このままでは終われません。
B級のものを探さねば。

fc2blog_201802082113470b6.jpg
自販機の中が8割がた台湾。

fc2blog_20180208211350a8b.jpg
トイレの入り口に謎のレディとジェントルメン。

というところでご勘弁くださいませ。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

しばらくはお寒いので、近隣を旅しようと思ってます。
あと、ひと狩りでかけてきます。

スポンサーサイト

バイク神社に行くの巻

2018年初走り。
バイクを離れていた2年間で、行きたい場所のネタを温めておきました。
そのネタ回収第1弾。

新年の初詣でに
バイク神社に行くの巻


とはいえ、前日(当日)4時半に帰宅したためなかなかオフトゥンの魔力から抜け出せない。
目は覚めているものの、スマホを見たり、ヌクヌクしたり、スマホを見たりで一向に起き出せない。
今日もここまでか。
弱い自分に負けるのか。
とあきらめかけた時、家の電話が鳴った。
ズバっと起きて受話器を取ったら切れてたんだけどね。
フっ切れて、ここから行動開始としました。

ルートはとても簡単。
国道4号を北上して、途中で右折するだけ。
いつもは快走路の4号だけど、今日は妙に混んでた。
トラックなど働くクルマがいっぱい。
なんかあったのかな。

ほどなく到着。
fc2blog_201801162318039b7.jpg
fc2blog_201801162318055a9.jpg
バイク神社の正式なお名前は安住神社。
もともとは安産の神様だったらしい。

バイクの先客も数名程度。
いや、道中もバイク見なかったなぁ。
冬はみんな冬眠しちゃうのかな?

fc2blog_20180116231806ca8.jpg
すごい数の写真。
知り合いもいたかもしれないなー。と思いつつ、ぼーっと眺めてました。

fc2blog_20180116231808a0d.jpg
fc2blog_20180116231807114.jpg
本殿お参り。
お餅がデカイ。

fc2blog_20180116231809caf.jpg
お長男さんが受験なので、こちらにもお参りを。

fc2blog_2018011623181085f.jpg
もちろんこちらも購入。
「色褪せするので」
と巫女さんがさらに1枚付けてくれた。
1枚で2度おいしい。
ついでにあったかい缶コーヒーももらって1枚で3度おいしい展開。

そしてバイクにはどんどんメイドイン神ステッカーが増えていく。
「オーリンズ」やら「ヨシムラ」などのメーカーステッカーは一切付いてないのに・・・。
そんな往年のレーサーレプリカ。

あ、ちなみに。
fc2blog_20180116231804354.jpg
どす。
まあ、何も言いますまい。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

こちらは全体的に営業活動を頑張っている神社のイメージ。
そういうと聞こえは悪いけど、昨今の神社不況で宮司さんが食べていけないというニュースを見るとそうも言っていられない。
むしろ応援しなくちゃ。

そもそも既存の顧客を生かしつつ、新規客層の開拓に走るのは企業としては当たり前。
しかも「バイク」というニッチの客層をしっかり取り込めたわけで、とても賢いですわな。
さらに「ヘリコプター」客というニッチ中のニッチにも挑戦しているわけで、ヘリポートまで作っちゃう本気さにシビレル。

まあ、皆さんもっとお寺や神社に行きましょうよ。と。
忙しいでしょうけど、新しい発見や、リフレッシュができちゃうかもしれませんよ。
入った瞬間から空気が違う「あたり」物件を見つけた日には、小躍りするくらいうれしくなっちゃうし。
ということで今年もちょこちょこ神域にオジャマしに行こうと思ってます。

バイクを持たないオレがMTGに参加してみた の巻

生きてます。
という生存報告からスタートします。

先日自分のブログを見返してみたら10年くらい続いているという驚愕の事実!
30代だったんだなぁ。あの頃は。
まあここ数年は休眠ブログになってしまってますが。

本日はTwitterでやり取りをさせていただいている方々から油冷の集まりがあるとの情報をゲット。
かつ、バイクもない私ながら「車でもいいからおいでよ」と温かいお言葉をいただきましたので、ひとっ走り4輪で参加してきました。

場所は関越道三芳PA下り線。
朝10:30開始とのことで、家を8時過ぎに出る。
実は今毎日所沢方面に出勤しているので、完全に通勤コース。
通勤時はメチャ混んでる道なんだけど、今日はスイスイ進んでしまう。
このままだと相当早く着いちゃうなー。
お蕎麦でも食べようかなー。
と思いつつPAに突入。

駐車場満車

ヘイヘーイ。
みんなこんな朝からどこに行くんだーい?
毎日仕事ばかりの私がたまに遊びに来ているというのにこの仕打ち。
どんどんと奥地に進み、もうすぐ出口というところで見慣れたバイクの集団が。

休みボケした私なんかよりも更にお早い皆様の御着き。

fc2blog_20170806201640eba.jpg

fc2blog_2017080620164157c.jpg

fc2blog_20170806201643755.jpg

fc2blog_201708062016452d3.jpg

fc2blog_20170806201646671.jpg

fc2blog_20170806201648fd9.jpg

fc2blog_20170806201649c8c.jpg

fc2blog_201708062016517cd.jpg

ふおー。
こんなにたくさん油冷エンジンが集まってるの初めてだー。
私の知り合いで油冷Rに乗ってるのYUKIさんしかいないものなー。


ちなみに私はこちらの集まりの参加者の皆様との面識は完全にゼロでした。
数名の方とネット上でお付き合いがあるくらい。
つまり完全なアウェー。
しかも自分だけクルマなので、なんだかダボっとした服を着ていて浮きまくり。
多分、「なに?あの人?」と思われていたことでしょう。

だもんで余計にテンパる。
人見知りが圧倒的爆発。
勇気を出して数名の方とお話しさせていただきました。
もちろんTwitterで関わりのある皆様中心になってしまいました。
(よって最後まで「アイツはなんだったんだ?」という謎の存在のまま首をかしげる方が多かったと思われ)
だってしょうがないじゃないか。(えなり風)
人見知りの上にアウェーで、さらに言えばバイクの集まりなのにクルマで行っちゃってるんだから。(☜何気にこれが一番プレッシャーでかい)

次回は絶対バイクで来ようと心に誓いました。

皆様は一通り集合した後、定峰までツーリングに行かれたそうです。
くーっ!
定峰走りてー。

出発のための集合シーン

fc2blog_2017080620165207c.jpg

fc2blog_20170806201715cc3.jpg

fc2blog_2017080620171695e.jpg

fc2blog_20170806201717b32.jpg
カッコイイー!

いただきものもありました。
fc2blog_201708062017187d2.jpg
ステッカー!
貼ります。絶対貼ります。アブラー!

fc2blog_2017080620172010b.jpg
お茶ー!
飲みます。温冷楽しんじゃいます!

お誘いいただいた上に、お土産までいただいてしまってなんだか恐縮です。

ホントに自分のバイクが恋しいです。
何卒。
何卒。
何卒。
納車をよろしくお願いいたします。(切実)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

~追記~
このブログだと女性説も流れるこの私ですが、Twitter上だと50代くらいのくたびれたオッサンだと思われていたらしく。

うん、50代は行き過ぎだけど、くたびれたオッサンは否定できないなと自嘲的に笑ったりして。

本当の私は20代後半の絶世の美女です。
普段は峰不二子みたいな革つなぎでバイクに乗ってます。
アイツのうわさでチャンバも走るような街の人気ものなのです。

息抜き?弾丸ツーリング

いいスね。
うしおととら。
毎週楽しみです。
でも若干声の印象が違うんだよなー。そのうち慣れるかなー。

と毎度どうでもいい出だしですが。
わたしく今、疲弊しております。
1月半で5キロほど痩せました。
忙しくてご飯を食べる時間がないであります。
榎木孝明氏よろしくの断食ダイエットでございます。
ただ違うのは、あちらは健康的なダイエット。私、不健康極まりないやつれ。

そんな中、息抜きするぞーと声高にツーリング予告をしていたわけですが。
正直、身体がキツイッス。
朝も起きられないしー。
ご飯食べたら胃が痛いしー。
そもそもなんだかやる気が出ないしー。

と、もうやめちゃおっかな感満載の朝でした。

でも、せっかく何日かぶりでフリーの休日だし、もったいないから行くかー。と思いエンジンに火を入れてみた。
暑い。あっついよ。
もうヤだよ。でももう革パン穿いちゃったし、脱ぐのもメンドクサイな。
と極めてネガティブな心持ちで出発したのでした。

いつもはR4を延々北上するルートをとるのですが、この日は出発も遅いし、気力もないしで久々のブルジョワルートで行きました。
久喜から東北道に乗って、ダラダラ走る。
目的地は西那須野塩原。
ここで降りて、スープ焼きそば食べて、日塩もみじラインを南下して、大笹牧場で牛乳飲んで日光から東北道で帰っちゃう、いつもとは反対のコースを予定。
クネクネ&高原のさわやかな空気満喫コース。

とーこーろーがー
走れば走るほど、行く先の北方の雲が怪しい感じ。
途中のSAで確認したら、栃木は13時以降降水確率50%だと。
絶対ムリ。
っていうかなんで走る前に天気予報を見ないんだ、おまいさんは。

でも、ここまで来て何もしないのももったいないのでとりあえず日光まで行って、霧降高原をクネクネしてこようと計画を変更しました。

前方がこれから向かう霧降高原道路。どよーん。
fc2blog_2015072417324363e.jpg

路面はウェット。
あんまり倒さないように、アクセル開け過ぎないように走ってみました。
ただ、橋を越えたあたりからは路面もドライに変わって、めっちゃ走りやすかったので、存分にクネクネしてきました。

ほどなく到着、大笹牧場。
fc2blog_20150724173244bcc.jpg
バイクもいっぱい来てました。

ラム串食べてー。
fc2blog_20150724173245aa1.jpg

牛乳飲んで―。
と牧場を満喫。
ちなみにラム串ウマいです。

ふと北の方を見ると、コレ。
fc2blog_201507241732465b1.jpg
もう絶対降ってる。
行かなくて良かった。

食うもん食ったら速攻帰る。
誰よりも後にきて、誰よりも先に帰る。
しかし、無情にも帰り道は雨模様。
fc2blog_20150724173247b5d.jpg
途中バスに前を塞がれたので、寄り道した駐車場。

fc2blog_201507241732483f0.jpg
街中は晴れていそうだな。

と急いで峠を下るのであった。
しばらく走ると雨も止んだので、もうひとつのポイントに寄り道。

チロリン村

徳次郎

と冗談のようなふざけた名前のスポットですが、カキ氷は超本物。
fc2blog_201507241732496d0.jpg
ふわっふわです。
個人的には、秩父の阿佐美冷蔵さんよりもコッチのが好きかも。
シロップも美味いんですよ、こっちは。
ただ、値段が950円するのよねぇ。
家庭を切り盛りする主婦にとっては(ウソ)ベリーエクスペンシヴよねー。

ただ、味は本当に感動的。
大満足の中、本格的な帰路につく。

日光インターから有料道路に乗ってー。
あとは東北道で帰るだけー。
と淡々と走っていると、何か周囲の雰囲気が変る。

瞬間的に周囲が真っ暗に。
そして次の瞬間、ポッツポツと水滴の音がしたかと思ったら。
ホワイトアウトですわ。

いきなり前が見えないほどの大雨に見舞われる。
前の車のテールランプを見逃したら、多分もう走れない。
必死に前の車についていく。

すぐに止むかな、と思うが全然止まない。
っていうか、あっという間に前進ずぶ濡れ。
スマホは大丈夫か?
など気になるものの、なんだか一気に楽しくなってきた。

あーついなーコレ。燃えてきたー
というニンニンジャーの棒読みセリフが口をつくほどに盛り上がるワシ。

東北道に乗ってからもしばらく雨は降り続けたものの、ほどなく雨雲エリアを抜けたらしい。
ぶり返す酷暑。
そして濡れ鼠だった全身も埼玉県に入る頃には気温と風とで8割方乾いていたのだった。
濡れたままだったらスルーしようと思っていた道の駅羽生にも寄り道できました。
fc2blog_20150724173250d01.jpg
トイレで確認したら、ジャケット、シャツ、革パンは乾いていたものの、パンツだけは濡れてました。卑猥だな。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

家に着いて時計を見たら、出発から6時間で大笹牧場を往復してきたらしい。
自分としてはかなりの弾丸ツーリング。

行きに乗りきれなかった心も、帰りにはルンルンになってました。
途中でイイネタゲットしたからね。
大雨さまさまやわぁ。

誰かに呼ばれたツーリング

意外にも現時点、結構お休みが取れてます。
以降はほぼ0になるんだけど。

で、今日は家でゆっくり今後の準備などをしようと思っていたんです。
でもなんだか無性に走りたくなりまして。
時間はあんまりないから秩父はムリだなぁ、
とか、
最近煮詰まり気味だから神仏禊ツアーがいいなぁ、
なんてなことを考えつつ準備をいそいそと。

結局、最近ご無沙汰している出流原弁財天に行こうかと。
暑いから、池を見て涼み和んじゃおうということで。

例によって地図は見ないで出発。
久々なのにねぇ。。。


行きはいつものルート。
渡良瀬遊水地の脇を通って、佐野へ一直線。
R50を越えて左折。
すぐのコンビニで給水休憩。

ここまではいたって順調。

さて。

ここからどうやって行くんだっけ?

と思いつつも、まあ「道はつながってるんだし」というお気楽極楽な考えが勝り、大した確認もしないまま先へ。

そして案の定。

迷子に・・・。

どんどん道が細くなっていくよぅ。

民家がなくなってきてるよぅ。

山に向かって一直線に進んでるよぅ。

ということで、自分の意図とはまったく別方向に進むR750。
どこだココは?

気が付くと、唐沢山という山に入るところでした。
というか、もう引き返させない感じの道なんですわ、これ。

なんか、自然公園とかもあるらしいし、適当なところでUターンしてもよさそうだから行っちゃえ。
と思い、そのまま山を登り始める。
と、意外にも面白いクネクネ道。
Rがキツイので自分ではスピード出せませんけど、なんか面白い道です。

しばらく登り続けると、駐車場と、なにやら「神社」の文字が。

これはもう行くしかありませぬ。

fc2blog_201506151947439c3.jpg
どうやら城跡が神社になっている模様。

たしかに道が直線ではなく、カクカク曲がっていたりしてなかなかに城っぽい造りです。

入ってすぐに「天狗岩」の看板あり。
そこに行くには今にも蛇が出そうな石段を上がらねばなりません。
↓コレ
fc2blog_201506151947474bf.jpg
でも、せっかく来たし~。
と貧乏根性で登ってきました。

結果。

絶景
fc2blog_201506151947449b5.jpg

あらーこりゃいいもの見れたなぁー。

で、肝心の天狗岩。
fc2blog_20150615194746170.jpg
思ったよりもデカ。
城だった時はココが物見台だったそうで。

この景色を見た瞬間、自分のテンションのギヤが上がるのを感じました。

で、石段を下りてちょっと進むとため池が。
fc2blog_2015061519474967d.jpg
湧水なんですって。
涸れたことがないんですって。
これで深さが9mあるんですって。
すげーじゃん。

次いで、初めて見て、聞いた水琴窟。
fc2blog_2015061519475069a.jpg
fc2blog_20150615194750b1e.jpg
涼やかな音色です。
音が小さいのもいいですね、自然と一体感があって。

その後鳥居をくぐり参道へ。
fc2blog_20150615194753732.jpg
うわ~、めちゃ雰囲気いいよー。
老夫婦が途中でおべんと食べながら談笑してるよ。
なんだよー、ここー、もー、落ち付くよ―。

いよいよ石段を上がり、社へ。
fc2blog_201506151947512cb.jpg
結構しっかりしてます。

fc2blog_20150615194752529.jpg
ちゃんと、奥の本殿もあります。

しばし、横の休憩スペースでジュースを飲みながらぼーっといろいろ考えてました。
最近ちょっと煮詰まったり。
うまくいかないことが多かったり。
自分の無力を痛感したり。

すっごく静かな空間で1人。

考えはまとまりきらなかったけど、またがんばろうという気になりました。

なんだか、ココに呼んでもらったような気がしました。
だって、ココに来る気もなかったし。
そもそも、この山の存在を知らなかったし。

最後に一礼をして本殿を後にしました。


いやぁ、あるんですよね。
自分はこういう神社は大好きです。
ちょっと人里離れてるんだけど、ちゃんと人の手が入っていて、立派な神社。
もう、この時点で、「今日はもういっかな」とか思ってお腹いっぱいな自分。

でも、今日を逃すと次いつこれるかわからない。
ならば目指すべし。

fc2blog_2015061519481290e.jpg
当初の目的地、出流原弁財天。
以前は土足厳禁だったけど、今は靴のままあがれるのね。

fc2blog_20150615194814ef2.jpg
またまた絶景。

fc2blog_201506151948133af.jpg
裏手の大穴も健在でしたが、以前utunosamuさんが教えてくれた通り、2階への階段は閉ざされていました。

あそこに上がった私の思いでプライスレス。

今日はちょっと参拝客が多くて落ち付かなかったけど、来れて良かった。

fc2blog_20150615194816252.jpg
弁天池も安定の透明度。

ただ、いつもよりも若干水が生臭かったかな。
鯉も病気のが結構いて心配してしまいました。

これにて本日の目的地巡り完了。
帰路に着きますが、そういえば夏用のグローブが終わりかけていることを思い出しました。
ライコさんにはイイものがないのです。
たしかR50の小山あたりに南海部品さんがあったはず。

と思い至り、ワープ。
fc2blog_20150615194817812.jpg

ペプシ!飲んでないけど。
fc2blog_2015061519481751a.jpg
イケメンですね。

そして店内初潜入。
グローブ売り場で、イイモノ発見。
なんと即買い。
貧乏にかけては定評のある私がなんと即買い。
如何に今日、気分が良かったか、ということですね。霧が晴れた朝の心持ち。

レジで4700円の品のはずなのに6700円を請求されても仏の笑顔でにっこりと誤りを正してあげるのであった。
いや、ほんとににっこりと「値段が違うみたいなんですけど・・・」と申し訳なさそうに言っちゃいましたよ。

帰り道早速装着。
fc2blog_20150615194818d12.jpg
コレコレ。
こういう普通のヤツを探してたんです。
黒く見えるけどこげ茶です。暗めの茶色が欲しかったのです。

装着感も非常にいいですね。
気に入りました。

ここらで空模様が怪しくなってきたので、一気に帰りました。
帰ってから群馬に突風被害が出ていること、栃木もこの直後に大雨になった(んだろうなぁ)ことを知りました。

被害に遭われた方は大変ですが、自分は帰り道もまたうまい星の巡りでスムーズに帰れました。

こういう日ってあるんですね(稲川淳二調)。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

ちなみに家に帰ってから唐沢山を調べてみたら、なんと!
ニャンコちゃんたちが相当数生息していることでも有名らしい。
そういえば今日も一匹見かけたぞ。
猫好きなアノ方もきっと満足されることでしょう。